イギリス・レスター便り

イギリスのイングランドのちょうど真ん中あたりのレスターから、イギリスの文化や、日々の暮らし、またファンドレイジングについて更新して行きます。

日曜日の習慣、ローストランチを食べるときの基本ソース?

レスター、というかイギリスは今週1週間は熱波が来ているとかで、天気が良いのはいいですが、強い日差しが昨日から降り注いでいます。

日の出が4時半、日の入りが夜9時半なので、朝起きた時点で既に暑い状態。

 

天気も良かった昨日、週1回の英語クラスで一緒だったメンバーで、女子会らしきことをして来ました! イギリスらしいティールームと言われる昔ながらの喫茶店の外に4人で座って、2時間くらいひたすらおしゃべりして来ました。

楽しかった〜。

 

行って来た喫茶店はMrs Bridges Tearoom。カジュアルだけど、アフタヌーンティーもいただけます。(ウェブサイトがないようです)

 

 その中で盛り上がったのが、イギリスでは日曜日のお昼に特に食べられている「ローストランチ」のこと。要は、ロースト(オーブンでじっくり焼いた)された肉に野菜などを付け合わせにしたものを、気のおけない人や家族と日曜日のお昼に食べるのが、イギリスの習慣。それぞれの家庭の味もありますが、パブでも提供されています。

 

そんなローストランチをより楽しむコツ、それがソースや調味料をきちんと理解して、一緒につけて食べること。

昔教えてもらったそんな知識を話したら、みんな喜んでくれたので、ここにも残しておこうと思います!

 

どの肉を選んでも、かけたほうがいいのが、グレービーソース。とにかくたっぷりかけたほうが美味しいです。肉にも、野菜にも、付け合わせにも。肉のだしから作られるソースです。それと、ホースラディッシュ。西洋わさびと訳される、ピリッとしたほんとわさびみたいな白いものです。つけすぎには注意を。

 

あとは肉によって違ってきます。

ローストビーフ、ローストターキー(七面鳥):クランベリーソース

ローストポーク:アップルソース

ローストラム:ミントソース

 

パブに行ってローストランチをするときは、覚えておくといいですよ。

 

それともう1つ。付け合わせについてくる、大きなシュークリームみたいのは、ヨークシャープディング。ほんと、シュー皮みたいです。これは、肉や野菜と一緒に、少しずつ切りながら、グレービーソースと食べます。

ついぱくっとかじってしまいそうですが、それは「今日のローストランチは美味しくなかった」というシグナルになってしまいます、ご注意を。

 

f:id:Juncouk:20180627031010j:plain

友だちが見せてくれた写真。このパブ、レスターで一番おいしいローストランチのお店とよく聞きます。今度行ってみなくては!!

 

Old Horse

http://www.oldhorseleicester.co.uk