イギリス・レスター便り

イギリスのイングランドのちょうど真ん中あたりのレスターから、イギリスの文化や、日々の暮らし、またファンドレイジングについて更新して行きます。

レスターライフ②ヨガ

随分更新が滞ってしまいました。ちょっといろいろ考えていたこともあって、なかなかブログを書けず。すぐ影響してしまうものですね。でも、元気にしていますよ。

 

さて、「レスターでしていること」シリーズを進めます。第2弾はヨガです。

実は、レスターに来てから、日本でしていた続けて来たことで一番初めに開始したものが、ヨガでした。ヨガは、私たち夫婦の共通の趣味でもあり、二人のヨガマットも船便で持って来たほど、大切な趣味です。

 

●探していたヨガと出会い

ちょっとヨガの話をすると、ヨガって言っても、すごくいろんな流派がありますね。私たちは日本では「クリパルヨガ」というヨガをこれまでやって来ました。どちらかというと動きの多いヨガではなく、ポーズを格好良く決めることよりも、その日その日の自分とヨガを通して対話することを大事にする、そんなヨガです。まだ二人が出会う前から、私が仕事が忙しかった頃、当時働いていた場所のボランティアさんに勧められて始めたのが、ヨガでした。

日本では週1回のヨガの日が日曜日だったのもあり、なかなか定期的にはいけなかったものの、ヨガをすると、自分とゆっくり対話できるようで、運動嫌いの私でもゆるゆる続けてくることができて、結婚してからは夫婦で参加するようになっていました。

 

レスターで同じヨガの先生を見つけることは最初から難しいと思っていたものの、これまでと同じようなヨガの先生がいたらいいけど、難しいかと思いつつ、レスターについてからいろいろ探していました。

 

そんな中、大家さんのパートナーさんがいくつかヨガをしているところを教えてくれ、ご縁あって、その内の1つがいま通っているところです。

 

●レスターでのヨガ、始まりは英語との戦い・・・

そうしてふたりで週に1回、ヨガに通い始めました。通い始めたヨガは、クリシュナ・マチャリヤというヨガをしている人なら耳にしたことがある偉大な方のやり方を踏襲したものでした。でも、今までして来たものと基本は同じで、特に「呼吸」に重きをおくところが特徴でした。

ビギナーコース、経験者コースとレベルが分かれていたので、もちろんビギナーコースからスタートしました。

しかし!

いくらヨガを日本でやったことがあったとはいえ、経験のない流派(パートナーは少しありました)、普段使わない英単語(背骨とか、腹筋とか!)、最初はとにかくついて行くのに必死でした。

でも先生もすごく優しく、そして丁寧だったので、次第にこのクラスにも慣れて来ました。

 

●ビギナーコースから経験者コースへ

3ヶ月ほどビギナーコースに通うと、「呼吸」に集中すると、より「自分」に集中できることがわかって来ました。呼吸に集中するために、内容も呼吸(吸う、吐く)に集中できる動きが多く、そう意味でもわかりやすかったです。

そうして、私たちは一つ階段を上がるように、ちょっと思い切って経験者コースに通い始めました。経験者コースは、先生も始める前に言っていましたが、とにかく先生のインストラクション(解説、指示)が少なく、1つのポーズでする呼吸も「今日の感じで回数を決めてください」と人に委ねられているので、逆に英語に緊張していた私たちは、そこから解放され、より深く自分とつながることができた気がしました。

それと、始まりはチャンティングといって、サンスクリット語のマントラなどをみんなで唱え、終わりは瞑想を5分することも、経験者コースならではでした。

瞑想は、それまで十分身体を動かした上でするので、自分に集中しやすく、また終わりに近づいているので、心が静まり、逆にあまり集中できないときは、そんな自分に気づくことができる時間にもなります。

 

私が個人的にびっくりし、気に入っているのが、これまで、ヨガの一番最後にしていた「シャバアーサナ」といい、私は心と体がリラックスできる時間のまた違った捉え方です。

ちょっとマニアックですが(笑、今のヨガの先生はこのシャバアーサナを、少しシークエンス(いくつかのポーズを連続ですること)や、一つのポーズで何呼吸か留まった後、このシャバアーサナを入れることです。「休憩」としての意味でなく、「それまでにした動きが、どう自分の身体に変化を起こしているのか、感じる」ことが目的です。それまでの動きをじっくり味わい、今の自分をしっかり感じることができ、私のいまのお気に入りです。「動き」とこのシャバアーサナを程よく繰り返すことで、より自分との対話が深まる、そんな感じです。

 

教会の集会室のような場所で行われているヨガは、1時間15分。でもいつもあっという間。日本でなかなか毎週いけなかったヨガも、いまはほぼ毎週、二人で楽しめています。片道35分の歩きも、なんだかよい運動になっています。

 

●オマケ:美味しい野菜!

オマケはこのヨガの先生がオーガニックの野菜を育て、販売していること。オーガニックとは思えないほどキレイな野菜たち、いつもヨガの後、販売してくれるので、朝採れの野菜を美味しくいただいています。

 

●オマケ2:もう1つの偶然

びっくりしたのは、パートナーの知り合いとヨガの先生が知り合いだったこと!それにより、新たな進展があったご縁も、偶然は必然だったのかも、しれません。

 

f:id:Juncouk:20180625031624j:plain

ある日の野菜。100グラムで2ポンド(約300円)。その日によって、どんな葉っぱに出会えるかはわからないので、いつも楽しみです。