イギリス・レスター便り

イギリスのイングランドのちょうど真ん中あたりのレスターから、イギリスの文化や、日々の暮らし、またファンドレイジングについて更新して行きます。

Happy Diwali! レスターで出会ったディワーリ。

Happy Diwali!

今日はレスターはDiwali Day。でもあいにくの雨、そしてすごく寒い1日でした。

 

それで、Diwaliって何なんでしょう?

私もレスターで暮らすまで、聴いたこともありませんでした。Diwali、ディワーリとは、ヒンズー教やシーク教、ジャイナ教の人たちの古代からの新年をお祝いするお祭りで、世界中でお祝いするのだそうです。レスターでは「ディワリ」と言いますが、国(宗派)によって、言い方や、お祝いする期間が少しずつ違ってくるようです。このお祭りは、別名は「光のお祭り」というようで、キャンドルなどを灯すことで、「悪や災いを避け、新たな年を迎えましょう」、みたいな意味があるようです。私のネパールの知り合いによると、ネパールではまた違った言い方があるようで、みんな故郷に帰り、懐かしい人と再会したり、大切な家族と過ごす時間なそうです。レスターではこのディワーリが今年は10月8日にライトアップが行われ、今日19日がディワリディで、花火が上がったり、大にぎわいです。

 

f:id:Juncouk:20171020061854j:plain   

1日早く昨日、ディワーリのライトアップを見て来ました。インドやパキスタンの方が特に多く暮らす通り。約1マイル(1.6km)に渡って、6,000ものライトがこの期間に点灯されているそうです。この点灯期間、この道はGolden Mileとレスターでは呼ばれています。真ん中に見えるこの観覧車、何とこの期間のために組み立てられたんですよ!すごいと思いません?実際に乗ってみたら、速度が速いこと。でも3周もさせてもらえました。しかもゴンドラの1つは車椅子専用。みんなでお祝いできるって、素敵ですよね。

 

f:id:Juncouk:20171020063046j:plain

ちょっと見にくいけど、2階建てバスの2階からの通りの灯り。すごくきれいです。

 

f:id:Juncouk:20171020062339j:plain

通りの服屋さん。お祭りなので、ちょっと豪華な服が多かったですね。

 

そのほかにも爆竹を鳴らしながら歩く子どもたち、インドスイーツのお店に並ぶ人の列、通りを行き交う人たちが話す聞きなれない言葉。全てが「ここイギリス?」と言う感じでしたが、いろんな人たちが暮らせる街、そしてレスターをあげてお祝いできるって、素敵だと改めて感じました。(市役所がディワリの期間のイベントなどをまとめた冊子を無料で配っているほど)今日はあいにくの雨ですが、花火と爆竹の音がまだまだ外から聞こえます。いろんな文化を体験できるこの街に改めて感謝です。